妊婦さんが首都圏へ旅行する場合の注意点とオススメポイント

   

首都圏への旅行は妊婦さんでも大丈夫ですか?

妊婦さんでも旅行は楽しみたいものですよね。出産前に旦那さんと2人での思い出作りに旅行される方も多いと思います。最近では「マタニティ旅行=マタ旅」として各ホテルで力を入れている傾向もあります。

スマホで話をしながら歩く妊婦

もし飛行機で首都圏へ行かれる場合、ANAだと搭乗口まで歩くのをサポートしてくれたり優先的に搭乗させてくれたりしますので事前に申請したりしておくと往復の移動も快適になります。

しかし、首都圏では人混みなどで季節により感染病の恐れもありますので感染予防は十分に行うべきです。首都圏への旅行となると六本木や原宿、表参道など人気のエリアは日にちに限らずどこへ行っても混雑していてせっかくの旅行で楽しくてついつい長時間歩いてしまうかもしれませんが無理をしないことが重要です。

また首都圏では電車等の交通機関が充実していてレンタカーを借りなくても電車等の移動の方が便利な場合が多いです。しかしこちらも毎日たくさんの人が利用するので人が多く冬場はインフルエンザなどの感染も心配されるので注意して下さい。

また母子手帳は必ず忘れないようにし、いつどのような事態が起きても対応できるようにしておいてください。首都圏であれば地方に比べて産婦人科も豊富なので宿泊ホテルなど滞在地から比較的すぐに探せますので常に病院の位置を把握しておいてください。

また宿泊ホテルでマタ旅プランがある場合はホテル内で十分楽しめるようにマッサージやスパ、食事など充実している事が多いので無理に外を歩かなくてもゆったりとホテル内で楽しめることもできるのでオススメです。

やはり妊娠前と妊娠中だと行動範囲も限られ、妊娠前なら気軽に行けていた場所も体調によって行けなくなったり残念な部分もあるかもしれません。

しかし、その日の自分の身体と相談しながらいつもよりもゆっくりとした旅になるかもしれませんがそれはそれで思い出に残るでしょう。

旦那さんや家族とのマタ旅を是非楽しんでください!

 - コラム